PDFをWordに貼り付ける。

おはようございます、わたるです。

今回は、PDFをWordに貼り付けるやり方を解説させていただきます。正確にはPDFをJPEGに変換したものを、Wordに貼り付けるやり方になります。画像となりますので、どうしても紙に印刷すると滲んだような感じにはなってしまいますが、そこまで細かい文字の資料でなければきれいにまとまった資料作成ができると思います!

STEP 1 PDF→JPEG変換

PDF→JPEG変換には、”I LOVE PDF”というオンラインツールを使用します。”I LOVE PDF”をwebで検索していただくと、下記のようなサイトにたどり着きます。

上記の画像内に赤枠で囲わせていただきましたが、こちらからPDFをJPEGに変換するへ移動します。

するとPDFファイルを選択する画面に来ますので、こちらの赤いアイコンから選択か、この場所にドロップさせて選択します。

PDFを選択するとJPEGに変換する前に”ページからJPG”又は、”画像抽出”のいずれかを選択し、変換する画面に移動します。デフォルトは”ページからJPG”が選択されており、基本的にはこちらで大丈夫だと思います。こちらの選択では、PDFのすべてのページが1枚1枚の画像に変換されます。”画像抽出”については、どうやらPDF内の画像だけを抜き取れる機能なようですが、使用したことがありません。気になる方は試してみても良いかもしれません。選択したら、右下のJPGに変換をクリックします。

変換が完了すると”JPG画像のダウンロード”画面になります。こちらの赤いアイコンをクリックすると画像がダウンロードされます。ダウンロードしたファイルは、ダウンロードフォルダに保存されると思います。なおPDFが複数枚になる場合は、圧縮ファイルとしてダウンロードされます。

STEP 2 Wordへの貼り付け

Wordに画像を貼り付ける方法は、特に難しいことはないと思います。しかしながらPDFの時の余白+今回Word化する時に余白となるため、普通に貼り付けると余白が広くなってしまいます。

資料を作成するときは、通常余白のページとPDFを貼り付けるページで分けて作成することになると思います。これに必要な”セクション区切り”と”余白設定”、”画像の貼り付け”までを解説させていただきます。

STEP 2-1 セクション区切り

セクション区切りはレイアウトタブの区切りから、セクション区切りのいずれかを選択します。基本的には、”次のページから開始”を使用することになると思います。こちらを選択すると、現在選択しているページの次のページに違うセクションとしてページを挿入できます。

違うセクションとすることで、基のページとは別の余白を設定できます。これによりPDFを変換した画像を貼り付けるページは、余白を出来る限り狭くするといったことが可能になります。

STEP 2-2 余白設定

余白設定は、レイアウトタブの余白からユーザー設定の余白を選択します。

すると余白設定画面が表示されますので、こちらから上下左右の余白を全て0mmに変更します。パンチで穴を開けるなどの場合もあると思いますので、その場合は適切な余白設定を試行錯誤してみてください。

STEP 2-3 画像の貼り付け

余白設定を行ったページに、画像を挿入します。画像の挿入は、挿入タブの画像から変換したJPEG画像を選択して貼り付けてください。

試しに、Wordで余白狭い設定で作成したPDFをJPEGに変換した画像を貼り付けてみました。余白0mm設定であれば、基のPDFと同じ余白で貼り付けることが出来ました。

STEP 3 画像の調整

最後に画像の調整を行います。ヘッダーやフッターを入れないなど、特に調整が不要な場合は、画像を選択してキーボードの↓キーを押した後、エンターキーで次のページに移動できました。セクション区切りをする場合は、前述のとおり次のページに移動させた後に”現在の位置から開始”で区切ってください。

STEP 3-1 トリミング

トリミングは、画像を右クリックから表示されるアイコンを選択します。

すると、画像の隅に黒いマークが表示されますので、こちらをドラッグして不要部分を表示されないようにします。

STEP 3-2 ヘッダー・フッターの編集

ヘッダー・フッターは、通常の場合ある程度の余白が設定されています。貼り付ける画像の大きさにもよりますが、必要に応じてヘッダーフッターの余白調整を行います。

ヘッダーを例に解説すると、挿入タブのヘッダーからヘッダーの編集を選択します。

すると、ヘッダーとフッタータブが選択された状態となります。このタブ内の”上からのヘッダー位置”の距離を変更することで余白を変更することが出来ます。

STEP 3-3 画像の縮小・移動させる場合

トリミングでもそうですが、上下だけでなく左右のサイズも変更する場合に、適切な位置に画像を移動する必要があると思います。縮小の方法も踏まえて解説させていただきます。

縮小は、画像を右クリックから”レイアウトの詳細設定”を選択します。

そして表示されるレイアウト設定の倍率を変更します。縦横比を固定する・元のサイズを基準にするがデフォルトでチェックが入っております。こちらはそのままチェックが入ったままで良いです。

今回は、高さ・幅ともに90%としてあります。ただし、縦横比を固定するにチェックしてありますので、高さだけ90%にしてOKすると、幅も90%に自動で変更されます。

デフォルトでは、画像を自由に移動させることができません。自由に移動できるようにするには、画像を右クリックして文字列の折り返しから前面に変更します。背面でも自由に移動可能で、画像が文字の上に表示されるか、されないかの違いです。色々と試してみるのも良いでしょう。

最後に

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。仕事柄PDFで資料をいただくことが多く、入力し直すなどせずに綺麗な資料を作成できないかと考え辿り着いた方法になります。文章といったらWord、でもWordって案外細かい操作方法って調べても見つからないんですよね。今回紹介した方法は、色々と応用が利き便利であると思いますので、試してみていただければ幸いです。

皆様のより良いビジネスライフを。ありがとうございました。

仕事の最新記事8件