VIAテストで強みを診断してみた。

今日は、午前中に仕事、お昼はラーメンを食べて、午後から図書館で読書をしてきました。

今日読んだ本が『ヤバい集中力』という本。メンタリストDaiGoさんもお勧めということで興味を持ち、読んでみました。

本題に入るまでに2点良かったと思う点をご紹介。

肩書きをつける

病院の清掃員の方に「清掃の仕事は治療のプロセスのひとつであり、『病院のアンバサダー』である」という肩書きをつけたそうです。その結果として、清掃員の方々のモチベーションが激変し、高いパフォーマンスを見せたそうです。

日々なんとなくやっている仕事に、モチベーションを上げるような肩書きをつける。もちろん関連性がなければだめですが、意識する価値があるなぁと感じました。

小さな我慢が集中力を上げる。

例えば好きなお酒を我慢する。この小さな不快が誘惑に耐えたという成功体験となります。この成功体験が人生をコントロールする感覚を高めてくれます。そして結果として集中力アップにつながるのです。

もちろん楽しみたい時は大いに楽しむことも大切ですが、我慢する事というのも無駄ではないと知れたのは嬉しかった。量より質、人生とはどれだけ質を高めていけるかが大事ですね。

 

さて、本題の「VIAテスト」です。これは、web上で無料で120問の質問に回答することで、自分の強みを診断できるサービスです。

10分程度で完了するので、気になるかたは是非。自分の結果は上位5位までだとこのような結果となりました。

1.寛容さ

2.慎み深さ

3.向学心

4.勇敢さ

5.公平さ

自分の強みは何ですか?と聞かれてもぱっと思いつきませんが、診断結果として出てくると確かになぁと感じます。学生の方は面接などで聞かれることもあると思うので、「VIAテストというものがあって~・・・」という話し方も面白いんじゃないでしょうか。

自分の強みを見て簡単にまとめてみると、”誰に対しても紳士に学び、自分の意見をしっかりと言う”といった感じでしょうか。

目標などを考える際は、自分の強みを活かして計画したいと思います。

趣味の最新記事8件