無理の無い断捨離で、スマートライフを送ろう!

ほしいと思って買ったはずなのに、気づけばまったく使っていない物ってありますよね。いざ片付けようと思っても、捨てるのは買う以上に悩んで結局何もできない・・・。とりあえず見えない所に片付けるだけの方、多いのではないでしょうか?

どうせやるなら完璧に!・・・。と思ってしまうことが、片付けられない原因になっている可能性があります。

片づけは誰でも出来る事と思われがちですが、違うと思います。やっぱり経験や才能がある人の方が片づけは上手です。完璧は、片づけ初心者にはレベルが足りないのです。完璧にしたければ、まずはレベル上げからスタートしましょう!

レベルさえ上がってしまえば、どこかのタイミングで完璧な片付けが出来る日が来ると思います。では、どのようにしてレベルを上げていけば良いのでしょうか。

参考にさせていただいた本を紹介しながら、おすすめのやり方を3つ紹介させていただきます。

休日に1個物を捨てる

物を捨てることは、慣れていなければ案外悩み疲れるものです。平日にやろうと思っても、ついつい面倒になってサボってしまう可能性が高いです。1回サボってしまうと癖になり、続かなくなってしまう危険性があります。

しかし、休日に1個というルールであれば時間に余裕があります。たしかに片づくまでに時間はかかりますが、まずはしっかりとルールを守ることが大事です。今までのように、やらないよりは良いのです。

私は、ある程度物を捨てることに慣れてきたので、1日1個でルール化しております。しかしながら、基本的に平日は悩みの少ないもの、休日は悩みの多いものを捨てるようにしています。慣れてきたら、私のようなやり方もいいかもしれません。

こちらについては、ミニマリスト すずひさんの「1日1捨」という本を参考にさせていただきました。

1日1捨 ミニマルな暮らしが続く理由 [ すずひ ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/9/8時点)楽天で購入

物を1個買ったら2個捨てる

物を捨てなければいけない原因は、物を買ってしまう事にあります。その原因を抑えるために、1個買ったら2個捨てるというルールを作ります。このルールのお陰で、買うものの質が上がり、捨てなければいけないものが必然と減っていきます。捨てる数は1個でも物は増えないかと思いますが、ある程度のデメリットをつける意味で2個とした方が効果は大きいと思います。

私もこのやり方を実践しておりますが、本については除外したルールとしております。どこかのタイミングで本も整理する事があるかもしれませんが、とりあえず本棚がいっぱいになるまでは捨てる必要は無いと考えたためです。しかしながら本棚を増やす気はないので、本棚に収まるように整理していく予定です。

何かを除外する場合も、制限は必要かと思います。

こちらについては、メンタリスト DaiGoさんの「片づけの心理法則」という本を参考にさせていただきました。

人生を思い通りに操る 片づけの心理法則 [ メンタリストDaiGo ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/9/8時点)楽天で購入

捨てることに欲張らない

ついつい物を捨て始めると、あれも捨てた方がいいかな~と考えてしまいがちです。私はこのやり方はおすすめしていなくて、やっぱり買うのも捨てるのも考える事が重要になります。どうせやるなら楽しく、楽しいから続けていけるわけですので欲張って無理することは良くありません。

何かを達成するには、やっぱり事前のプランが大事になります。その中でも「if then プランニング」といって、”XしたらYをする”といった方法で立てたプランは達成しやすいようです。

上記で紹介させていただいた2つの方法もこのif then プランニングとなります。まずは、この2つを確実に守ってください。もっと捨てるスピードを上げていきたいと思うのであれば、プランを変えて翌日以降も継続していく覚悟で行ってください。

何事も腹八分目がちょうどいいのです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。継続は力なりといった言葉は、片づけもまた同様だと思います。1回で完璧というやり方もあるかもしれませんが、片づけが嫌いになってしまうと思います。片づけもやり方次第で楽しくなります。さぁ、無理の無い断捨離をスタートしましょう!その先には、楽しいスマートライフが待っています!

生活の最新記事8件