一人で楽しめる趣味に、読書はおすすめです!

こんにちは!わたるです!

夏休み三日目、今日も良い天気です!

お盆ということで、お仕事によって色々だと思いますが、夏休みに入った方も多いのではないでしょうか。友達と一緒にバーベキューやキャンプ、涼しい部屋でのんびりゲームなど色々な過ごし方があるかと思います。

そんな私ですが、内向的でよく遊ぶ友達もおらず、この夏休みも一人で過ごす事になりそうです。。慣れてはいるのですが、やっぱり一人で長期休暇って寂しいです(苦笑い)。友達作る努力しないとな~・・・。

しかし!せっかくのお休み、時間を無駄にはしたくないですよね!

そんなわけで今日は、自分のような一人で過ごす事が多い人向けに、記事を書いていきたいと思います。読書は楽しいという内容をお伝えするだけでは無く、自分がなぜ読書を好きになったのかも書いていきます。ちょっとお恥ずかしい部分もありますが、こんな人もいるんだ~という感覚で読んでいただければ幸いです(笑い)。

一人で楽しめる趣味について、自分は何度検索しただろう(笑い)。Webで検索するとこういった悩みに対して結構色んな参考になるサイトがヒットします。敷居の低いものから高いものまで色々あるな~と思いながら、何をするかに迷い、時間だけが過ぎていくなんてことが良くありました。

幼い頃はゲームが好きで、特にオンラインゲームが大好きで、それこそ廃人と言われるほどにやっていました。友達とも遊ばず、勉強もせず。自由な時間はほぼ全てゲームでした。今の自分から考えると、よくそんなに熱中できるねと、逆に関心してしまうほどです(笑い)。

そんな自分も今のところはゲームを一切やっていません。別にゲームが嫌いになったわけではなく、多分楽しいと感じることは出来ます。それなのに、なぜ自分はゲームをやらなくなったのか。それは、やはり社会人になったことが理由なんだと思います。

自分は、社会人になって仕事の大変さを知りました。定時で帰るのが当たり前ではないことを知りました。ブラック企業というものが存在することを知りました。

学生時代の自分は、仕事に対して甘く考えていました。ただ、言い訳をすると勉強も大事ですが、こういった現状をもっと教育すべきなのではないかとも感じています。こういった職種は、すごく大変で何時に帰れるか分からないとか。世の中にはブラック企業があって、勉強を頑張らないと大人になってから大変だとか。仮に夢がある人でも、そういった部分を知った時、変わる人もいると思うんです。まぁ、結局言い訳にしかならないのですが・・・。

そんな自分は、社会に出て自分の無力さを知りました。ゲームで言うところの、レベル帯が合っていないところに行ってしまったという感じです(笑い)。ゲーム内のキャラクターを強くするために使っていた時間を、自分のために使っていたらと後悔する毎日でした。人間も、ゲームのキャラクターと同じでレベル上げが必要なんです。スキル振りも重要ですね(笑い)。

そして、自分の中で一つの言葉が生まれました。

”俺オンライン”

ん?何それ?と思うでしょう(笑い)。俺オンライン、人生はゲームだっていう考え方です。ゲームのキャラクターを強くするのをやめて、自分を強くした方が得じゃないか?自分が強くなれば、仕事も楽にできるかもしれない。俺オンラインを趣味にしたら、一石二鳥じゃないか?と、自分は思ったのです。

その日から自分は、何をするにも、その先に俺が強くなる要素があるかを考えるようになりました。例えばゲームであれば、いくらキャラクターを強くしても、俺は強くならない。ただ、同じゲームでもプレイヤースキルが重要なゲームについては良いかと思います。最終的にそのスキルを活かすことが出来なければ、スキル振りミスになるということに注意は必要ですが・・・。

俺オンライン、スキル振りミス無く、どれだけ効率よく俺を強くできるのか。長くなりましたが、この考えこそ自分が読書を好きになった理由です。

そんなにスキルアップしたいなら、勉強した方がいいのでは?と思う方も多いと思います。自分も最初、英語の勉強でも始めてみようかな~と参考書を買ってみたこともありました。でも、ダメでした。勉強は、自分の中で敷居の高いものに感じました。勉強をした先の夢が出来たら、そんなときにもう一度チャレンジしようと思います。

読書についても、すんなり始められたのかというと、最初は本当に苦痛でしかありませんでした。読書が楽しいという人の気持ちが全く理解出来ませんでした。

そんな自分でしたが、通算で50冊ほどは読むことが出来ました。昨日、芦田愛菜ちゃんの「まなの本棚」を読み終えましたが、年間100冊読んでいるとのことです。そう考えると50冊なんて本当に少ないですね(笑い)。

まなの本棚 [ 芦田 愛菜 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/8/12時点)楽天で購入

少ないとはいえ50冊ほど読んできたわけですが、自分のように読書が苦手という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方々にアドバイスというか、自己啓発系の本から読んでみることをお勧めします。人それぞれだとは思いますが、自分の場合は読みやすかったからです。小説と違い、物語の世界を想像しなくて良いからでしょうか。

中でもメンタリストのDaiGoさんの本が好きで、新作を書店で見かけると確実に買ってしまいます(笑い)。読書はあまり得意じゃないんだよな~という方。だまされたと思って、DaiGoさんの本を見かけたら是非読んでみてください!

突破力 無理なく限界を突破するための心理学 [ メンタリストDaiGo ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/8/12時点)楽天で購入

今では、自己啓発と小説を半々くらいになるように読むようにしていますが、小説もやっぱり慣れてくると楽しい。仕事も趣味もやっぱり慣れてきて、自分の力がついてくると楽しさが分かってくるんでしょうかね。おすすめの小説についても、また別の記事でご紹介させていただきます。

読書がどれだけ自分の力になったのか。これは具体的に表すのは難しいと思います。ただ、1冊1冊から学ぶことは必ずあります。文章を読むというその行為だけでも、頭を使うので強くなれると思います。本を読むのは案外疲れて、大変な面もありますが、趣味として楽しめるようになれば、これほど効率のいいものは無いように思います。

人生というゲーム。スキルは取り切れないほどにありますし、その一つ一つのスキルにカンストは存在しません。最終的な目標は、スキル振りミスせず、どれだけ幸せになれるかにあるのだと思います。その中で自分は、読書を大切なスキルだと考えました。まずは一冊手に取ってみてはいかがでしょうか。その一冊が二冊、三冊と積み重なった時、「これ全部俺が読んだんだよな。」と、なんとも言えない達成感が待っているはずです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!読書は、本当に素晴らしい趣味になります。だれでも最初は初心者で、私も上記のとおりです(笑い)。これからも、おすすめの本や学んだ事など記事にしていきたいと考えております。その他にも色んな事を書いていきますので、いつでも遊びに来てください!

趣味の最新記事8件