NO IMAGE

心と人生

だいぶ時は経ちますが、俳優の三浦春馬さんが30歳という若さでお亡くなりになられました。自分で死を選択するしか無いぐらいの心の辛さというのは、考えただけでも可哀そうに思います。

私たちが現代社会を生きるにあたって一番重要なのは、心の健康なのかもしれませんね。医療は日々進化していて、治る病気も多くなっています。食事にしても安全な食べ物は比較的容易に手に入りますし、死に至るケースはかなり少ないと思います。

限りある人生。辛いだけよりは、楽しく過ごしたいですよね。昔は体の心配も必要だったかと思いますが、現代はその心配もほとんど必要が無いように思います。体よりも心、そういった時代にあると思います。

心が健康で、より良い人生を楽しんでいくにはどうしたら良いか。その答えは”悩まない”ことにあると思います。現代は何かと悩むことが多い。仕事だけでなくプライベートも。個人情報の管理などまで色々と。自分の事から他人の心配まで。考え始めたら切りがなくなるほどの悩みの種があります。

三浦春馬さん始め、自分で死を選んでしまった人たちはこの”悩み”という病に倒れたのだと思います。三浦春馬さんは優しい人で、繊細な心の持ち主であったようです。自分だけで無く周りの事まで考えてしまったのでしょうか。

悩まないって案外難しくて、自分の中で答えが出ないともどかしくなります。でも、悩みというノイズがゼロでいる方が、心に余裕があって結果的に自分も成長できるし、周りの人への対応も良くなります。

たしかに悩まないことが原因で失敗につながるケースは、多少なりともあると思います。ただ、思い返してみればそれってかなり低い確率です。そんなことよりも悩まないほうがメリットが大きいと思います。

それに多少の失敗談は、周りの人に可愛がられる要素にもなります。馬鹿だなーなんて話のタネになったりなんかして、全然無駄じゃないんですよ。人間味があるなって思うんですよね。

死んだら、会えなくなっちゃう。だからあなたも他の人の失敗を強く責めないでほしい。そして、自分の失敗も強く責めないであげてほしい。悩まないで生きれるために。

私の考え方の最新記事8件