NO IMAGE

日記2021/3/12

今週も気づけばあっという間に金曜日。疲れました。

自分は製造業を営む会社に勤めており、現在は技術として働いています。今年は例年に比べて忙しく、現場の方々は土曜日も基本的に出勤のようです。お金は貰えるとはいっても、土曜日まで仕事となると疲れは溜まると思うので大変ですよね。自分も技術になる前は現場で働いていた身なので、夜勤もあると考えると大変さを思い出します。

自分は基本的に定時退社で土日休み。祝日はあったりなかったりといった感じですが、結構休みはとれていると思います。夜勤もないので、夜勤経験者からするとそれだけでもかなり休まります。

けど、逆に現場ががんばっている中早く帰ったり、土日も普通に休んだりしていると、結構気を使ってしまいます。別に悪い事をしているわけでも、楽な仕事をしているという気もしていないのですが、なんとなく申し訳ない気持ちに。自分はコミュ障気があり、朝の挨拶とか仕事の会話とかは案外普通にできるのですが、帰りの挨拶がちょっと苦手。お先失礼しますをどもったりして、なんかちょっと恥ずかしいです。

昔の自分だったらこうゆう時に白黒はっきりつけないと気が済まなくて、悩む時間が多かったのですが、比較的最近読んだ、斎藤ひとりさんの『神的まぁいいか』という本を読んでから、変われた気がしています。ちなみに自分は齋藤ひとりさんの信者でもなければ、若干の胡散臭さも感じているくらいです。それでもこれまで色々な本を読んで身に付けた知識を踏まえてこの本を読んだ時に、グレーを愛することも人生大切だなって気になれました。

結局完璧主義者は人生を辛くするだけで、まぁいいかという考え方は、そういう意味でも確かにと感じました。帰りの挨拶でどもらないためにはどうするべきか、なんて。本当に長い人生の中でどうでもいいようなことだし、他の人もまったく興味ない。しっかり言える日もあれば、どもる日もあっていい。いつもと違う挨拶でもなんでもいい。そんなことよりも人生で重要な20%に全力になることが正解。

といっても悩まないってなかなか難しい。こんなこと書いている自分も、結局帰りの車中でクヨクヨ後悔してました。本当にバカバカしい。悩まないが正解なのに、どうしても不正解をしてしまう。直さないとな、本当に。

と書いていたら、ちょっと気が晴れた気がします。土日はしっかり楽しんで、また来週がんばります!

日記の最新記事8件