NO IMAGE

日記2020/3/19

  • 2020年3月19日
  • 2020年3月19日
  • 日記

マヤ文明では、今年の3月20日に世界が滅ぶなんて都市伝説があるらしい。それを知ったのが今日。明日だ。

どんなに辛い人生でも、多分、死ぬときは生きたいと思うのだろう。

怖いもの見たさも、現実になったら嫌だというだろうな。

なんで自分は生きているのだろう。自分は何となくもったいないとか、痛いのが嫌だとか。今が幸せだから生きたいっていう理由はなさそうだ。例え楽に死ねても、何となくもったいない。この何となくもったいない気持ちってなんなんだろうね。

でも、自分だけじゃないんだと思う。みんなそれぞれ悩んでる。人は支え合って生きるんだ。自分が後何人の支えになれるかなんてわからない。これが生きる意味なのかもしれない。

生まれるって、奇跡だもんな。生まれなかったら、無だったわけだし。無の期間に比べたら、この生きている時間って本当に短くて貴重な、一回きりの、大切な機会なんだと思う。死んじゃったら、もうこの気持ちは存在しない。

華やかな人生にできる力なんてない。でも、生きなくちゃいけない。あなたが人と出会うように、人があなたと出会えるように。

日記の最新記事8件